読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spiritual Hacks

心に愛を刻み付けて生きていくしかないから。

何にも無くても、大丈夫。

そらです。眠いです。寝不足MAXですが、気持ちが高ぶっているのでブログ書きます(謎)

 

日本的に「スピリチュアル」っていうと、一時期の「意識高い(笑)」みたいな扱いをされているように感じていて、「スピリチュアル(笑)」みたいな書き方が一番しっくりくるのは、私だけなんだよね、きっと。

 

20年くらい前、「精神世界」って呼ばれてて、アメリカでは「ニューエイジ」って言われてた辺りの出身なもので、どうにも、今の日本で使われている「スピリチュアル(笑)」の定義についていけなくて困る。

 

何が困るって、他人と話してて、話が合わないの。自分の中の定義と、相手の定義が前前違うから、「何それ」ってなる。

 

どうも、人って、すぐに、物事が変化する「魔法の薬」を求めすぎてて、結果、「スピリチュアル(笑)」だったり、「引き寄せの法則(笑)」みたいな感じになるのよね。

 

この傾向は、東西関係無くて、西洋なんかもっと極端だからね。

「このヒーリングを受ければ、お金持ちになれます」みたいの、考えるの、得意じゃん。

 

 

でね、そういうのがいい加減、嫌になったそらさんは、どうしたかって言うと、「スピリチュアル(笑)」を断捨離したんです。

もう、いいやって思って。自分で定義したスピリチュアルに振り回されるの、面倒になったわけですよ。

 

そうやって考えると、スピリチュアルリーダーとか呼ばれる人たちって、すげぇなって思うよ。何十年も同じことしてるじゃん。

あ、違った、同じことはしてないんだ。どんどんバージョンアップしていって、どんどん貢がないとついていけなくなるんだったっけな。

まぁ、ビジネスだから仕方ない。信じてる方々はご愁傷様だけど。

 

で、まぁ(笑)そういうのを捨ててみた結果、残ったのは「何にも無い」ってことなんだよね。

 

自分を飾るため・・・違うな、飾るんじゃなくて「武装」するために、色んな資格を取る人っているじゃん。

そういう感じで、スピリチュアルな資格をいろいろ取ってさ、「〇〇ヒーラー」とか「〇〇セラピスト」「〇〇カウンセラー」みたいなのを名乗ってさ。

そういうのが「すげぇ!」って思ってた時期がおいらにもありましたよ。実際、自分でも作ってたし。でもさ、それって、幸せなん?って根本的に感じてたし、たぶん幸せじゃなかったから、辞めたんだよね。

 

じゃあ、今は、何を拠り所にしてんの?ってことなんだけど、数あるスピ本の中で、一つだけ残したものがある。

それは・・・予想ついてると思うけど、「ACM」。そう、奇跡のコース。

この青くて分厚い本だけ、残したの。ここに全部書いてあるからいいや、って。

 

おいらはどうしても、原理主義的になってしまいがちなので、ゆるゆる実践するようにしてるけどね。肩のチカラを抜いて、固くならないように、感情の波をフラットに。

 

「わたしは何も知らない」

今のところ、ACIMの中で一番好きな言葉。

 

ワークブックの最初の言葉なんだけど、これが一番好きかな。

知ってるって思ったら、それはエゴの意識だからね。

魂の視野なんて見えないし、今は見ようとしなくても大丈夫。

どうせ、何にも無いから。

何にも無いけど、大丈夫なんだって解ってたら、それってスゴイことなんじゃない?