読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spiritual Hacks

心に愛を刻み付けて生きていくしかないから。

この世を生きて思うこと。

こちらではお久しぶりになっちゃいました。

twitterでも時々呟くの忘れるんで・・・2017年は、もう少し真面目に書こう(年末行事)

 

f:id:soranohitsujikai:20161230133307j:plain

昨日、早稲田の穴八幡宮に行ってきました。

朝9時半に待ち合わせしたんですが、案の定15分遅れた・・・いつもごめんね、みやちゃん。

 

昨年は夜に行ったので、ものすごく混んでたんですよね。冬至後の平日夜って、寒いし列長いし。階段で20分くらい待って、昇ってからも15分くらい待って、やっと買って、お参りして、屋台で手相見てもらった覚えがあります。

 

今年は朝早かったので、行列もなくサクサクと行ってこれました。メインの一陽来福御守りと、懐中御守。それぞれ、800円と300円です。懐中が5個あるのは、お世話になってる方にお配りする分。

 

あと、今年は福財布も購入してみました。800円でした。宝くじは買わないんですけど、普段の生活費やら何やらを入れておく場所ってきちんとしてないな、と思って(普段は机の上に銀行の封筒で無造作に・・・)。

 

入れておいたら、知らないうちに倍になってると面白いんですが。ポケットの中のクッキー的な感じで。

 

御守り買ったあとに、みやちゃんとだべってたんですけど、この世に生きるって、どういうことなんだろうね、と。

 

御守りを買って神様を頼るくらいには、この世を幸せに生きていきたいという執着がある自分は、所詮、どうでもいいこの世の中で、どんな風に生きていきたいんだろう?

 

と、考えた時に出てくる答えは、やっぱり「だったら幸せに生きたいよ」なんですよね。幸せに生きるためには、ある程度のお金も必要だし、人間関係だって必要。それらを有限と考えるのではなくて、自分の中から出てくる豊かさの象徴なんだ、と腑に落とすことによって、その状態が実体化され、有限ではなくなる。

 

そんなことを実際に体感できた1年だったと思います。あと、スピリチュアルな生き方を学んでいく上で、スピリチュアルを職業にする必要無いんだな、っていうのも学びました。自分は、どうもそうした方が「宇宙の壮大なお節介」が入りやすいみたい。最後の3カ月間、怒涛のようだったもんね。

 

スピリチュアルな生き方をするために、スピリチュアルな職業に就く必要ないんだなっていうのは、最近のお坊さんの在り方を見てても感じます。

 

お寺のお坊さんって、本来は出家して頭を丸めて、お寺に籠る印象があるでしょ。でも、最近は頭を丸めない、在家出家という方法を取る方も少なくない。

 

もちろん、全てを捨て去ってスッキリ出家できた方が良いのかもしれないけど(お寺は煩悩を捨てる場所だからね)、シャバで煩悩を捨て去る方が、難易度としては高いんじゃないかなぁ、と思うわけです。

 

そういうわけで、来年は、シャバでスピリチュアルな生き方を模索しながら、幸せに生きるための具体的な策を実践していきます。

 

あと、もう少しブログ書こう(二回目)